ニュース&イベント

NEWS and EVENT

The Globalization of Japanese Food- What is tast and why it matters?- 第4回 Global Educatrion Interactive Seminarを開催

グローバル教育カレッジでは、1月17日(木)に第4回Global Education Interactive Seminar Seriesを開催します。熊本大学の学生・教職員以外に、一般の方も参加可能です。セミナーの使用言語は主に英語ですが、質問などは日本語でも受付可能です。

 

今回は、国立民族学博物館の研究員である大澤氏をゲストに迎え、The Globalization of Japanese Food -What is taste and why it matters?-をテーマに、下記のテーマでセミナーを実施します。

 

 

今世界的に日本食が人気で、海外の日本食レストランは年々増加しています。また2013年には、「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」がユネスコ無形文化遺産代表一覧表に記載されました。人にとって食とは何なのでしょうか。日本食のグローバル化を例に、食物文化社会、政治経済的な意味について考えます。

 

□ Global Education Interactive Seminar実施概要

 テーマ: The Globalization of Japanese Food -What is taste and why it matters?-

  日 程: 1月17日(木)18:00~19:30

  場 所: グローバル教育カレッジ棟ラウンジ

  講 師: 大澤由美(国立民族学博物館研究員)

  進  行: グローバル教育カレッジ特任准教授 Dr. Joshua Rickard

  内 容: 別添ポスター参照

 

□講師プロフィール

大澤由実 (国立民族学博物館機関研究員)

食の人類学と民族植物が専門。人と自然の関係について、食、生態そして感覚認識に着目して研究をしている。現在はタイにおけるグルタミン酸ナトリウム(うま味調味料、化学調味料)の受容と拒絶について、また伝統的な食習慣についての研究を行っている。共著には、『Devouring Japan』(オックスフォード大学出版)などがある。

詳しく見る

第5回 IELTS講座 受講者募集について

2018年度 第5回 グローバル教育カレッジIELTS講座を次の通り開講します。

【期間】 

開講期間:2019年2月12日(火)~22日(金)

授業時間:10:00~11:30 (下記の必須模擬テスト時間を除く)

・模擬テスト1(2時間): 2月12日(火)10:00~12:00

・模擬テスト2(3時間): 2月20日(水) 9:30~12:30

 【場所】黒髪北キャンパス グローバル教育カレッジ棟 1B教室
【受講条件】 下記ポスター参照

【留意事項】 

・希望者多数の場合は志望動機をもとに選考を実施します。

・1回の授業につき1~2時間程度を要する課題が出る場合があります。

【申込方法】 

平成31年1月25日(水)までに http://www.c3.kumamoto-u.ac.jp/app/

オンラインフォームに必要事項を記載して提出すること。

※授業カレンダー

 

【受講条件】下記ポスターを参照

ポスター【PDF:608KB】

 

詳しく見る

【参加者募集!】対日理解交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」(米国)について

本学が派遣機関として採択されました対日理解交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」(米国)の参加学生募集についてお知らせします。
 
本プロジェクトでは、参加者から日本の外交姿勢や魅力等について積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的としています。

そのため、派遣者には現地で日本の強みや魅力等について英語でのプレゼンテーションを行っていただく予定です。

派遣期間等概要は添付のポスターのとおりで、米国への渡航費及び滞在費等はプロジェクトの実施団体であるJICEが負担します。(日本国内の移動費等は参加者負担となります。)

参加希望の方は、添付の実施要項等を確認のうえ、期限までに応募書類を国際教育課へご提出ください。

皆さんの積極的な応募をお待ちしています!

(参考)
 派遣期間:平成31年3月10日(日)~3月17日(日)
 派 遣 先:米 国 (フロリダ州)マイアミ・デイド・カレッジ
 募集人数:23名(学部生及び大学院生)
   応募資格等詳細:添付の募集要項のとおり
 応募期限:平成30年12月20日(木)17:00まで

1.募集要項(PDF:443KB)

2.(応募書類1)応募申込書(大学生用)(Word:59KB)

3.(応募書類2)参加誓約書・同意書(Word:14KB)

 

詳しく見る

Perspectives on International Cooperation and Development: 第3回Global Education Interactive Seminar  

グローバル教育カレッジでは、12月7日(金)に第3回 Global Education Interactive Seminar Seriesを実施します。
熊本大学の学生・教職員以外に、一般の方も参加可能です。セミナーの使用言語は主に英語ですが、

質問などは日本語でも受付可能です。

今回は、イヤス・サリム博士(同志社大学アソシエート・プログラム・アドミニストレーター/元JICAパレスチナ&ヨルダンオフィス・シニアプログラムオフィサー)を招待し、『国際協力と開発の視点~JICAパレスチナと個人的経験から~』をテーマにセミナーとワークショップを実施します。

ワークショップでは、政治的に不安定な地域における国際開発作業の課題に焦点を当てます。トピックとして、地域市民社会と政府・国際機関との連携、プロジェクト実施中の人材育成の価値、変化する世界における国際協力の現実を取り上げます。

Global Education Interactive Seminar概要

テーマ

Perspectives on International Cooperation and Development

場 所

グローバル教育カレッジ棟ラウンジ(地図上の31番の建物です)

講 師

Dr. Iyas Salim イヤス・サリム博士(同志社大学アソシエート・プログラム・アドミニストレーター/元JICAパレスチナ・ヨルダンオフィス・シニアプログラムオフィサー)

進  行

グローバル教育カレッジ特任准教授 Dr. Joshua Rickard

詳しく見る

第4ターム 『イングリッシュ・トークモン』について

グローバル教育カレッジでは、英語を使って自由にコミュニケーションをする

「イングリッシュ・トークモン」という授業外活動を実施しています。教養教育の授業実施日に

毎日実施しています。

 

事前予約は不要で、昼食を持ち込んで気軽にカレッジの教員と英語でフリートークをすることが

出来ます。昼休みのランチタイム・トークモンには、教職員の皆様にもお越し頂けます。

 

なお、英語力のレベルは問いません。ぜひこの機会にグローバル教育カレッジ棟へ、

お気軽にお越し下さい

 

第4タームの教養教育、トークモンがお休みの期間は次の通りです。

1. 12月24日(月・祝)~1月4日(金)冬季休業 

2.1月14日(金・祝)、1月23日(水)、24日(木)補講日  

3.1月31日(水)~2月9日(金)試験期間

 

ポスター【PDF:360KB】

 

詳しく見る

平成30年度第3回  IELTS試験のお知らせ

グローバル教育カレッジでは、平成31223日(土)にIELTS試験を実施します。

学外の方は、英検IELTSのホームページをとおして直接お申し込みください。

*熊本大学の学生及び教職員で受験される方は、定員を別途設けているため、下記の通知をご確認いただき、必ず「団体受験専用ページ」から「団体受験の申込」をして頂くようお願い致します

IELTS団体試験ポスター【PDF: 433KB】

 

 

 

 

 

詳しく見る

多文化共生留学生シンポジウム 開催

日本人学生・留学生・高校生と熊本県民が多文化共生のテーマに沿い発表・議論し、相互の人材養成に質することを目的として

熊本留学生交流推進会議主催  多文化共生留学生シンポジウムを開催します。

 

日 時  2018年12月8日(土) 13:00-16:00

テーマ 留学生に聞いてみよう!~もし私が熊本の宣伝部長なら~

 

                             シンポジウムポスター【1MB】

 

参加無料、事前申し込みは不要です。

一般の方々もご参加できますので、是非ご参加ください。

詳しく見る

The Art of Audiovisual Storytelling: 第2回 Global Education Interactive Seminar開催

グローバル教育カレッジでは、11月22日(木)に第2回 Global Education Interactive Seminar Seriesを実施します。

熊本大学の学生・教職員以外に、一般の方も参加可能です。セミナーの使用言語は主に英語ですが、

質問などは日本語でも受付可能です。

 


今回は、国立民族学博物館の准教授で映像人類学者の川瀬慈先生を招き、

グローバル教育カレッジのジョシュア・リカード特任准教授の進行によるセミナーおよび

ワークショップを実施します。

本ワークショップでは、学者、アーティスト、ジャーナリストが利用できる社会調査における

様々な視聴覚ストーリーテリングの手法に焦点を当てます。

(※「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な

体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法です。)

 

□ Global Education Interactive Seminar概要

 テーマ: The Art of Audiovisual Storytelling  

  日 程: 11月22日(木)18:00~19:30

  場 所: グローバル教育カレッジ棟ラウンジ

  講 師: 川瀬慈 (映像人類学者/国立民族学博物館准教授)

  進  行: グローバル教育カレッジ特任准教授 Dr. Joshua Rickard

  内 容: 別添ポスター参照

 

□講師プロフィール

川瀬慈 かわせ・いつし

映像人類学者/国立民族学博物館准教授

1977年岐阜県生まれ。

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了後、

マンチェスター大学グラナダ映像人類学センター研究員、

SoundImageCulture(ベルギー)客員講師などを歴任。

主にエチオピアを中心に、アフリカの音楽文化に関する人類学研究、

ならびに民族誌映画制作に取り組む。人類学、シネマ、コンテンポラリーアートの

交差点から、文化の記録・表現の地平を開拓する。

代表的な映像作品に『ラリベロッチ』『僕らの時代は』『精霊の馬』

『Room 11, Ethiopia Hotel』(イタリア・サルデーニャ国際民族誌映画祭にて

「最も革新的な映画賞」受賞)。

共編著に『アフリカン・ポップス!――文化人類学からみる魅惑の音楽世界』

(明石書店)、『フィールド映像術』(古今書院)等。

(プロフィール出典 川瀬慈、川瀬慈公式サイト:プロフィール、最終更新日12/11/2017、

http://www.itsushikawase.com/japanese/contact.html, 引用日11/19/2018)

 

 

詳しく見る