スーパーグローバル大学構想

GLOBALIZATION OF THE UNIVERSITY and
TOP GLOBAL UNIVERSITY PROJECT

戦略1 国際通用性の高い学部教育システムの導入

グローバル教育カレッジが中心となって、英語による授業科目の提供や学部専門課程におけるグローバル教育を支援します。

■グローバル教育と柔軟な学事暦の導入

グローバル教育カレッジの創設

熊本大学のグローバル化を推進するパワーエンジンとして、平成27年3月に「グローバル教育カレッジ」を創設しました。

「グローバル人材教育センター」、「日本語・日本文化教育センター」、「オープン教育センター」の3つの教育センターが熊大生のグローバル体験をサポートします。

グローバル教育カレッジで行われる事業風景

english-TALKmonの様子

Multidisciplinary Studies(英語による授業科目)

グローバル人材教育センターは、日本人学生や海外交流協定校からの交換留学生等を対象に、英語による授業科目を提供しています。受講生達は多様な背景を持つクラスメートとのコミュニケーションを通じて、グローバルな視点を身につけることを目指します。

グローバル教育カレッジの課外プログラム

日本人学生・留学生に対する課外グローバルプログラムを積極的に展開しています。「english-TALKmon」は英語でのコミュニケーション力を向上のため、気軽に教員と英語で対話する機会を学生に提供しています。

グローバルリーダーコース(GLC)の設置

学部教育のグローバル化を先導する新コース「グローバルリーダーコース」が平成29年度から始まります。

グローバルリーダーコース

クォーター制の導入

柔軟な入学期、学事暦に対応するため、平成28年度に「クォーター制(4学期制)」を部分導入しました。

■日本人学生の海外留学促進

熊本大学は多くの学生に、海外留学などのグローバル体験をすすめています。

交換留学

1年以内の期間で、海外の指定校に留学。熊大から留学可能な指定校は世界各地に144期間、34カ国・地域(平成29年1月現在)。リーズ大学やダラム大学(イギリス)ボルドー大学(フランス)など、トップレベルの大学にも留学可能。

海外留学セミナー

4週間程度の期間で、異文化交流や語学力工場を目的に行います。アルバータ大学(カナダ)やモンタナ州立大学(アメリカ)、フライブルク大学(ドイツ)、ニューカッスル大学(オーストラリア)など。

サマープログラム

指定校で実施されているサマープログラムに参加することもできます。授業料や寮費が免除されることもあります。東亜大学校(韓国)、南台科技大学(台湾)、スラバヤ工科大学(インドネシア)など。

■留学の準備のサポート

シリーズ留学説明会「留学のすすめ」

留学の手続き、単位認定、就職と留学、留学経験者による体験談紹介など、毎回テーマを決めて情報提供をしています。

奨学金制度

日本学生支援機構(JASSO)奨学金、文部科学省「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」、熊本大学独自の奨学金「熊本大学国際奨学金事業」、各国政府奨学金、地方自治体、民間団体等の奨学金があります。

英語力向上を目的とした課外講座

留学のための英語力向上を目的に、TOEFL/IELTS対策講座を実施しています。