ニュース&イベント

NEWS and EVENT

【KAFS】第11回 熊本人類学映画会12/1(金)17:45

 

ポスター【PDF:2MB

KAFS 11th Session:”エドワード・サイード OUT OF PLACE”

熊本大学文学部文化人類学研究室とグローバル教育カレッジの共催で実施している

KAFSの第11回セッションのお知らせです。

来る12月1日(金)17:45より、『エドワード・サイード OUT OF PLACE』

(監督/佐藤真 2005 137min シグロ)を鑑賞します。

同作の助監督を務めた石田優子さんのトークを20:00から予定しています。

詳細は、ポスターをご覧下さい。

詳しく見る

第4ターム 『イングリッシュ・トークモン』について

Term4_english-TALKmonフライヤー 【PDF:361KB】 グローバル教育カレッジでは、熊本大学の学生・教職員を対象として 英語を使って自由にコミュニケーションをする「イングリッシュ・トークモン」という…

詳しく見る

ラオス学生との交流会を開催しました

 平成29年11月2日に、ラオス訪問団(学生14名、引率1名)と本学学生(日本人学生5名、留学生8名)との交流会をグローバル教育カレッジで開催しました。この訪問団は、JICA(日本国際協力センター)のJENESYS201…

詳しく見る

留学生シンポジウム

 

日本人学生・留学生・高校生と熊本県民が多文化共生のテーマに沿い発表・議論し、相互の人材養成に質することを目的として

熊本留学生交流推進会議主催  留学生シンポジウムを開催します。

 

【テーマ】 世界の食文化~私の思う日本の餅(Mochi)~

 

一部では留学生が日本の餅をテーマに、それぞれの国での餅の食べ方等を発表します。

二部では餅つきを体験します。

 

事前申し込みは不要です。

一般の方々もご参加できますので、お待ちしております。

                                                    PDF:留学生シンポジウムポスター【321KB】

 

詳しく見る

「グローバルコミュニティに生きる」

 

「グローバルコミュニティに生きる」


卒業生によるトークショー&ディスカッション (英語)参加者を募集します。

 

主催:グローバル教育カレッジ オープン教育センター
日時:平成29 年11 月17 日(金)18:00-20:00
場所:グローバル教育カレッジ ラウンジ(旧北食堂)
対象:一般の方、熊本大学関係者
内容:18:00-19:00 熊本大学卒業生・辻望実さんと
リカード先生によるインタビュー形式のトークショー
19:00-19:45 グループディスカッション
19:45-20:00 質疑応答

詳しく見る

熊本大学インドネシア同窓会を開催

 平成29年10月25日(水)、インドネシア・スラバヤ市に位置する本学の大学間協定校であるスラバヤ工科大学において、「熊本大学インドネシア同窓会」が開催されました。インドネシア同窓会は、熊本大学を卒業・修了した留学生により組織され、当日は16名の同窓生が参加しました。

 交流会では、まず、高島副学長より熊本大学の現状と今後の戦略について、その後、国際戦略課職員より熊本大学と共同研究をするにあたって、利用可能な国際協力事業の紹介がありました。説明後、「共同研究を熊本大学としていく上で具体的にどのように進めればよいか」や「お祈りの場所を学内に設置してほしい」など、様々な質疑応答や意見交換が行われました。また、同窓生からの「本同窓会は、2013年に初めて開催があり、今回は4年ぶりに開催された。今後は定期的に同窓会を開き、交流を深めていきたい」との意見を受けて、高島副学長が「今後規模を拡大し、定期的に同窓会を開催していきたい」と述べました。

 インドネシアに在住する熊本大学の同窓生や本学関係者などが、一同に会し、相互の意見交換を行い、親睦を深めることができ、今後はインドネシア国内においてさらに充実した熊大ネットワークが形成され、熊本大学とインドネシアとのグローバル交流が一層発展することが期待されます。

 

高島副学長による熊本大学概要説明

 

同窓会参加者

詳しく見る

第4回 日本・インドネシア学長会議に参加

 2017年10月24日(月)~26日(水)の3日間、日本・インドネシア学長会議がインドネシア・スラバヤにて開催されました。日本・インドネシア学長会議は、日本とインドネシアの大学間関係強化を目的として、2012年から開催されており、第1回が名古屋大学(2012年)、第2回がガジャマダ大学(2014年)、第3回が北海道大学(2015年)にて開催されています。

 第4回目となる今回は本学の協定校のスラバヤ工科大学を幹事校として開催され、日本側大学23校およびインドネシア側大学55校の学長・副学長など総勢130名以上が参加し、本学からは高島副学長が参加しました。

 24日(火)は、スラバヤ工科大学国際課長 Maria Anityasari氏より、日本とインドネシアの教育、研究や産業に関する連携状況および今回の会議の目的について説明がありました。その後、グループA(教育交流)、グループB(研究交流) および グループC(産学連携)の3つのグループに分かれて、各大学からの取組の事例紹介や今後の活動についてディスカッションが行われました。

 25日(水)は、日本側およびインドネシア側の国際化の取組や現状の紹介をテーマに基調講演が行われました。その後、前日のディスカッションを踏まえて、再度グループディスカッションが行われました。

 26日(木)は、2日間にわたって行われたグループディスカッションの結果を踏まえた宣誓書が述べられ、会議は閉会となりました。

 本学長会議を契機に、日本とインドネシア間のさらなる国際交流の進展が期待されます。なお、次回の日本・インドネシア学長会議は、2019年に広島大学にて開催される予定となっています。

 

記念撮影

 

グループディスカッションの様子

 

宣誓書朗読

 

各グループの議長 記念撮影

詳しく見る