ニュース&イベント

NEWS and EVENT

The Art of Audiovisual Storytelling: 第2回 Global Education Interactive Seminar開催

グローバル教育カレッジでは、11月22日(木)に第2回 Global Education Interactive Seminar Seriesを実施します。

熊本大学の学生・教職員以外に、一般の方も参加可能です。セミナーの使用言語は主に英語ですが、

質問などは日本語でも受付可能です。

 


今回は、国立民族学博物館の准教授で映像人類学者の川瀬慈先生を招き、

グローバル教育カレッジのジョシュア・リカード特任准教授の進行によるセミナーおよび

ワークショップを実施します。

本ワークショップでは、学者、アーティスト、ジャーナリストが利用できる社会調査における

様々な視聴覚ストーリーテリングの手法に焦点を当てます。

(※「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な

体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法です。)

 

□ Global Education Interactive Seminar概要

 テーマ: The Art of Audiovisual Storytelling  

  日 程: 11月22日(木)18:00~19:30

  場 所: グローバル教育カレッジ棟ラウンジ

  講 師: 川瀬慈 (映像人類学者/国立民族学博物館准教授)

  進  行: グローバル教育カレッジ特任准教授 Dr. Joshua Rickard

  内 容: 別添ポスター参照

 

□講師プロフィール

川瀬慈 かわせ・いつし

映像人類学者/国立民族学博物館准教授

1977年岐阜県生まれ。

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了後、

マンチェスター大学グラナダ映像人類学センター研究員、

SoundImageCulture(ベルギー)客員講師などを歴任。

主にエチオピアを中心に、アフリカの音楽文化に関する人類学研究、

ならびに民族誌映画制作に取り組む。人類学、シネマ、コンテンポラリーアートの

交差点から、文化の記録・表現の地平を開拓する。

代表的な映像作品に『ラリベロッチ』『僕らの時代は』『精霊の馬』

『Room 11, Ethiopia Hotel』(イタリア・サルデーニャ国際民族誌映画祭にて

「最も革新的な映画賞」受賞)。

共編著に『アフリカン・ポップス!――文化人類学からみる魅惑の音楽世界』

(明石書店)、『フィールド映像術』(古今書院)等。

(プロフィール出典 川瀬慈、川瀬慈公式サイト:プロフィール、最終更新日12/11/2017、

http://www.itsushikawase.com/japanese/contact.html, 引用日11/19/2018)